ビットコインとは 暗号の仕組み

ビットコインは貨幣のひとつ、ということはわかったのですが、いざ「仕組み」となると途端に難しいと感じる今日この頃です。
ブロックチェーンの仕組みは難しすぎるし。あと用語も良くわからない。
仕組みを知っていないと使えないものではないですが、知ってないと困る仕組みもあると思うので、勉強したことをまとめていきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコインの仕組み ウォレットとアドレス

ビットコインは貨幣ですが、日本円のように紙幣も硬貨もありません。
ビットコイン取引所などに口座を持っていればその残高を見ることができますが、いちいちネットにつながないとわからないのでしょうか?
「これは私のビットコインです」とはっきりさせる仕組みが、ビットコインウォレットです。
ウォレットは英語で「財布」を意味しますが、 ビットコインウォレットは色々な形がありまして、どこかのサーバー上に仮想的に置かれるもの、自分のパソコンやスマホにソフトウエアとしてインストールするもの、専用のハードウエア、紙に印刷したものなどがあります。
専用のハードウエアは有料ですが、サーバー上に置かれるものやソフトウエアの場合は無料で持つことができます。例えば、coincheckはスマホ用のソフトウエアがあります。ビットコインで取引をするためには、まずビットコインウォレットを作る必要があります。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットコインのウォレットにはお札や硬貨の代わりにビットコインアドレスが入ります。
この「ビットコインアドレス」が実質的に貨幣にあたるものです。
「○○というビットコインアドレスは□□BTCが入っています」となります。
ビットコインを取引する場合は、このビットコインアドレスを相手に教えることでやりとりが成立します。
ビットコインアドレスは、1または3から始まる27~34文字の英数字からなっており、公開鍵から生成されます。
bitflyerより)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインアドレスは、ビットコインウォレットのソフトウエアなどで新しく作ることができます。
またペーパーウォレットの場合は、ビットコインアドレスが印刷されています。
ビットコイン・アドレスは、住所やEメール・アドレスのようなものです。これが、ビットコインで支払ってもらうためにあなたが提供しなければならない唯一の情報です。ただし、重要な違いは、各アドレスは、一回の取引のみに使われるということです。
bitcoin.co.jpより)
ビットコインアドレスは「使い捨て」なんですね。イメージとしては「額面□□BTCの金券。取引一回限り有効」という感じのようです。
※実際は何回使っても良いそうですが、セキュリティー上一回限りにしたほうが良いそうです。

ビットコインの仕組み 秘密鍵と公開鍵

ビットコインウォレットとビットコインアドレスは組み合わせでつかいます。実は、ビットコインウォレットとまったく関係のないビットコインアドレスというのも、作ろうと思えば作れるそうです。
ビットコインアドレスから公開鍵(秘密鍵)を知るすべはないので極端な例としては秘密鍵なしでもビットコインアドレスを作成できます。例えば次のようなビットコインアドレスも有効です。
1BitCoinDescriptionAddressadTvGDH
このビットコインアドレスに実際に支払うことが出きます。(誰もこのビットコインアドレスの秘密鍵を持っていないので二度と取り出せませんが)
bitflyerより)
ビットコインは「公開鍵暗号」という暗号を仕組みに使っています。(なので、「暗号通貨」ともいわれるんですね)
この、公開鍵暗号というのは「公開鍵」と「秘密鍵」という二つの暗号を解く鍵をつかって、情報を暗号化するものです。この「情報」がビットコインそのものといえます。公開鍵暗号はビットコインに限らず、色々な情報を暗号化する手段として使われています。
この暗号を使って情報をやり取りする方法ですが、まず相手方に「公開鍵」を教えます、相手方は教えた公開鍵を使って情報を暗号化します。
そして、その暗号を解読するときに「秘密鍵」を使います。秘密鍵は誰にも教えてはいけません。
ビットコインの場合、「秘密鍵」に相当するのがビットコインウォレットで、「公開鍵」に相当するのが「ビットコインアドレス」です。
実際、紙のビットコインウォレットにはビットコインアドレスと「秘密鍵」が印刷されています。
画像は「仮想通貨の投資方法」から引用しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク